「神の国はあなた方の中に」ルカ17章20~37節

 今日の話は、パリサイ人がイエス様に「神の国はいつ来るのか」と尋ねるところから始まります。この問いに対してイエス様は「目に見える形で来るものではありません」と言い、「神の国はあなたがたのただ中にある」と言われました。つまり「神の国」をユダヤの国としての再興を念頭に置いていた彼らに対して、イエス様は目に見える形ではない「神の支配」という視点から教えられました。そしてそれは人のうちから始まる神の支配でした。続けてイエス様は、その神の国の完成、ご自身が再びこの地に来られる時のことを語られます。その日はノアの箱舟やロトのソドムのように、誰も予想していない時に訪れ、神の言葉を守り従う者は救われ、聞き従わなかった者は滅ぼされてしまうということでした。神様は2000年前に御子キリストをこの世に遣わし、いよいよ神の国の完成に向けて、介入されました。しかし完成がいつなのかは誰もわかりません。ですから私たちは身を慎み、主への信頼を持って、その時に備えたいと思います。そして神の国が私たち(教会)のうちから始まっていることの喜びに生かされたいと思うのです。

関連記事

  1. 「舟の右側に網を」ヨハネ21章1~14節 北野 献慈師

  2. 「バラバかキリストか」ルカ23章13~25節

  3. 「祈ることの祝福」ルカ11章1~13節

  4. 「放蕩息子 後編」ルカ15章25~32節

  5. 「話さないわけにはいきません」使徒の働き4章13~22節

  6. 「平安と喜びを携え来られる救い主」ヨハネ12章12~18節