「話さないわけにはいきません」使徒の働き4章13~22節

8月8日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/UQjV4LktZEM

 ユダヤ人議会で大胆にイエス・キリストについて語ったペテロとヨハネ。それを聞いていた人々は、彼らが無学で普通の人であるのを知って驚きました。そして、イエスの名によって、足の不自由な人が癒やされたことゆえに、多くの人たちが神様をあがめていたので、議会の人たちはペテロとヨハネを議場の外に出し、今後一切、イエスの名で語ることも教えることもしてはならないと何度も脅し、解放しました。脅してくる議会の人たちにペテロとヨハネは、「神に聞き従うよりも、あなたがたに聞き従うほうが、神の御前に正しいかどうか、判断してください。私たちは、自分たちが見たことや聞いたことを話さないわけにはいきません。」と復活の主の証人として、真実を話さないわけにはいきませんと、臆することなく、最後まで語り続けました。神様は、「無学で普通の人」を用いられました。私たちも人の顔色ばかりではなく、神の御前にどうであるかを考え、キリストの弟子として歩んでいきたいと思います。

関連記事

  1. 「十字架のしるし」ルカ11章29~36節

  2. 「キリストはすべての人の主」使徒の働き10章23b~48節

  3. 「聖書と人生」ヨハネ7章37, 38節 

  4. 「子なる神、イエス・キリスト」マタイ1章18~21節

  5. 「捨て石が要の石に」ルカ20章1~19節

  6. 「キリストの言うことを聞け」ルカ9章28~36節