「招かれた取税人レビ」マルコ2章14~17節

11月20日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/4yUgtg-i14c

取税人レビは、仕事柄、周りの人から嫌味を言われ、パリサイ人たちからは罪人扱いされ、今の現実を受け入れながらも、心では寂しさを覚えたり、傷つくことも多々あったことでしょう。しかしそんな周りの人から敬遠され、むなしさも覚えていたであろうレビを、イエス様は招かれ、弟子とされました。イエス様は、取税人と親しく食事をすることで周りからののしられますが、レビの家から離れることなく、そこに集うレビの友も受け入れられ、ご自身が来られたのは、罪人と共にいるためであることを語られました。ときに、私たちも惨めな思いをしたり、孤独を覚えたり、神に見放されていると感じるようなこともあるかもしれませんが、私たちを招かれたイエス様は決して、私たちから離れられることはありません。「丈夫な人」でなくてよいのです。罪人のままで、弱さを抱えたままで招き、受け入れ、共にいてくださるイエス様に、私たちも信頼し、委ねて、付き従っていきたいと思います。

関連記事

  1. 「ほんの小さな種だけど」ルカ13章18~30節

  2. 「主にある喜びの食卓」ルカ9章1〜17節

  3. 「悲しみを見つめて」ルカ7章11~17節

  4. 「苦難の中で見出す、真の幸いと祝福」Ⅱコリント4章6~11節…

  5. 「天の故郷に憧れて」ヘブル11章13~16節

  6. 「祝福あれ主の御名によって来られる方に」ルカ13章31~35…