「神の国の奥義」ルカ8章1~18節

 今日は、いわゆる「種蒔きのたとえ」の箇所です。イエス様は群衆に、このたとえを語られた後、弟子たちだけにたとえの意味を語られました。それは、「神の国の奥義」に関することで、いよいよイエス様はこの奥義を明かされていきます。このたとえには4つの「心」が挙げられています。1つ目から3つ目の「心」に落ちた「神のことば」は、実を結ぶことはありませんでしたが、4番目の「心」では、実を結びました。それは「良い心でみことばを聞いて、それをしっかり守り、忍耐し」たからだと述べられました。これこそ神の国の奥義の一つであり、奥義を受け取る大切な私たちの信仰の姿勢でした。またこの奥義は、一度明かされたなら、隠されることはなく、すべての人が知るようになる。ですから、聞く耳を持つことが大切であることを述べられます。私たちも聞く耳を持ち、心耕し根を張らせ、忍耐を持って実を結ぶことを願いたいと思います。神様は必ず、聖霊を通して実を結ばせて下さいます。

関連記事

  1. 「キリストのことばを行う信仰」ルカ6章39~49節

  2. 「日々自分の十字架を負い」 ルカ9章18~27節

  3. 「主にある喜びの食卓」ルカ9章1〜17節

  4. 「苦難のときにこそ」使徒の働き14章 嘉数 修兄

  5. 「愛し、愛される関係へ」ルカ7章35〜50節

  6. 「老人は夢を見、青年は幻を見る」ヨエル2章28節