「神の国の奥義」ルカ8章1~18節

 今日は、いわゆる「種蒔きのたとえ」の箇所です。イエス様は群衆に、このたとえを語られた後、弟子たちだけにたとえの意味を語られました。それは、「神の国の奥義」に関することで、いよいよイエス様はこの奥義を明かされていきます。このたとえには4つの「心」が挙げられています。1つ目から3つ目の「心」に落ちた「神のことば」は、実を結ぶことはありませんでしたが、4番目の「心」では、実を結びました。それは「良い心でみことばを聞いて、それをしっかり守り、忍耐し」たからだと述べられました。これこそ神の国の奥義の一つであり、奥義を受け取る大切な私たちの信仰の姿勢でした。またこの奥義は、一度明かされたなら、隠されることはなく、すべての人が知るようになる。ですから、聞く耳を持つことが大切であることを述べられます。私たちも聞く耳を持ち、心耕し根を張らせ、忍耐を持って実を結ぶことを願いたいと思います。神様は必ず、聖霊を通して実を結ばせて下さいます。

関連記事

  1. 「キリストに結ばれて」黙示録7章13~17節 井上 央兄

  2. 「笛を吹けど踊らず」ルカ7章31~35節(18~35節)

  3. 「放蕩息子 後編」ルカ15章25~32節

  4. 「十字架のしるし」ルカ11章29~36節

  5. 「キリストの血による平和」エペソ2章11~18節成実朝子姉

  6. 「慈しみ深い父なる神」ヨハネの福音書1章9~13節 島田 御…