「イエス様をただ信じる幸い①」ルカ8章40~48節

 今日の箇所は、イエス様がヤイロの娘を癒しに行かれる途中に、長血の病を患った女の人と出会った場面です。イエス様を取り囲む多く人の中で、この病を患った女の人は、イエス様の衣の房に触れました。その瞬間、12年の間苦しみ、どんな医者も癒すことができなかった長血の病が、癒されました。イエス様は、ご自身から力が出て行くのを感じ、触れた人を求められました。女の人は、勇気を持ってイエス様の前に出ます。そして事の次第を話しました。それに対してイエス様は「娘よ。あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。」とイエス様こそ救い主であることを信じ、受け入れたその女の人の信仰を見られ、主にある平安(シャローム)のうちに歩むことができるようにして下さいました。ここから見る「信じる」というのは、理屈云々ではなく、ただイエス様を求め、信頼することです。試練は、主への信頼へと変えられます。主をただ信頼する者に与えられるのは、主にある平安(シャローム)です。

関連記事

  1. 「キリストの名のゆえに」ルカ9章37~48節  

  2. 「決して渇くことのない水を与えられるお方」ヨハネ4章14節

  3. 「神の国はあなたがたのところに」 ルカ11章14~28節

  4. 「老人は夢を見、青年は幻を見る」ヨエル2章28節

  5. 「悲しみを見つめて」ルカ7章11~17節

  6. 「一羽の雀さえ」ルカの福音書12章1~12節