「わたしの名が天に書き記されている喜び」ルカ10章1~24節

 イエス様は、ご自分が行くつもりのすべての町に72人を遣わし、彼らは主にある平安が訪れること、神の国が近づいたことを家々に行って述べ伝えていきました。喜んで帰ってきた72人の弟子たちに対して、イエス様は「あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい」と言われました。そして聖霊に満たされたイエス様は、父、子、聖霊の神様の交わりにあずかることの幸いに感謝をささげ、その神様の関係性、喜びが今、御子を通して示されていることに喜び溢れました。私たちも、この地で何かを成功したとか、クリスチャンとして立派に歩んだとか、それらが私たちの喜びとなるかもしれませんが、しかしそれが私たちの最大の喜びとなるのではなく、わたしの名が天に書き記されていること、つまり父、子、聖霊の親しき交わりに今すでに加えられ、神の子として、神の国の民としての籍が、天にあることを喜びとしたいと思います。そこに喜びを覚えるとき、私たちのこの地での一つ一つが主の恵みとなっていくのです。

関連記事

  1. 「神の賜物である聖霊」使徒の働き2章33~39節

  2. 「キリストの家は祈りの家」ルカ19章41~48節

  3. 「聖霊を欺く罪」使徒の働き5章1~11節 

  4. 「放蕩息子 後編」ルカ15章25~32節

  5. 「復活の信仰が与えられる」ヨハネ20章24~29節

  6. 「いのちのことばを語り継ぐ」使徒の働き5章12~24節