「喜んで御国を与えてくださる主」ルカ12章13~34節

 私たちは、神様と「喜び」を共有することができます。この神様との喜び合う交わりにあるならば、私たちは日常の思い煩いから解放され、平安に生きていくことができます。イエス様は、今日の箇所で何度も「心配するのをやめなさい」と弟子たちに語られます。なぜなら私たちが心配しているのは、富や財産に私たちの心があるからであり、そうであると真に神様との喜びを共有できないからです。しかし、私たちの必要をすでに知ってくださって、養い、装い、良くしてくださる神様に信頼していくなら、またその神様との交わりに私たちの宝を置くなら、心配するのをやめることができるのです。ですから私たちは、いずれ失くなる財産ではなく、永遠のいのちと神様との交わりという「御国」を求めていきたいと思います。神様は「喜んで」、私たちに御国を与えてくださり、それを受け取る私たちのうちに、その喜びを満ち溢れさせてくださるのです。

関連記事

  1. 「日々自分の十字架を負い」 ルカ9章18~27節

  2. 「ただ信じていなさい」マルコ5章21~43節 松田 悦子師

  3. 「わたしの名が天に書き記されている喜び」ルカ10章1~24節…

  4. 「祈ることの祝福」ルカ11章1~13節

  5. 「神の国はあなたがたのところに」 ルカ11章14~28節

  6. 「愛し、愛される関係へ」ルカ7章35〜50節