「救い主を待ち望む」イザヤ9章6、7節

 今、イエス・キリストのご降誕を待ち望むアドベントを過ごしています。最初のクリスマスも待ち望む人たちがいました。彼らは何によって救い主が来られることを知っていたかというと、それは旧約聖書のみことばであり、今日の箇所がその一つです。このイザヤのメシア預言は、救いを望む彼らにとっての「希望」となりました。そして、語られてから700年後に、神様は約束を実現し、「ひとりのみどりご」を私たちのために与えてくださったのです。このことは、今に生きる私たちにとっても「希望」であり、そして神様は私たちを決して見放さず、約束を実現してくださる方であることを覚えたいと思います。それだけでなく、この救い主を私たちのために与えるということは、「万軍の主の熱心」という神様の並々ならぬ思い、激しいほどの愛があるということも私たちはこのアドベントの時、しっかり受け取り、感謝しつつ喜びを持って、救い主を待ち望みたいと思います。

関連記事

  1. 「イエス様をただ信じる幸い①」ルカ8章40~48節

  2. 「顔を神の国に向けて」ルカ9章49~62節 

  3. 「いのちの終わりはいのちの始め」ヨハネ6章34~40節

  4. 「苦難のときにこそ」使徒の働き14章 嘉数 修兄

  5. 「葬りという慰め」創世記23章17~20節

  6. 「いつも喜べる理由がある」Ⅰテサロニケ5章16~18節