「救い主を待ち望む」イザヤ9章6、7節

 今、イエス・キリストのご降誕を待ち望むアドベントを過ごしています。最初のクリスマスも待ち望む人たちがいました。彼らは何によって救い主が来られることを知っていたかというと、それは旧約聖書のみことばであり、今日の箇所がその一つです。このイザヤのメシア預言は、救いを望む彼らにとっての「希望」となりました。そして、語られてから700年後に、神様は約束を実現し、「ひとりのみどりご」を私たちのために与えてくださったのです。このことは、今に生きる私たちにとっても「希望」であり、そして神様は私たちを決して見放さず、約束を実現してくださる方であることを覚えたいと思います。それだけでなく、この救い主を私たちのために与えるということは、「万軍の主の熱心」という神様の並々ならぬ思い、激しいほどの愛があるということも私たちはこのアドベントの時、しっかり受け取り、感謝しつつ喜びを持って、救い主を待ち望みたいと思います。

関連記事

  1. 「神の国の逆転の真理」ルカの福音書6章12~26節

  2. 「主のことばに聞き入って」ルカ10 章38~42節

  3. 「あなたはどう読んでいますか」ルカ10章25~37節

  4. 「十字架のしるし」ルカ11章29~36節

  5. 「葬りという慰め」創世記23章17~20節

  6. 「ほんの小さな種だけど」ルカ13章18~30節