「神と富とに仕えることはできない」ルカ16章1~13節

 イエス様は、パリサイ人や取税人らに「放蕩息子」のたとえ話をされた後、そこにいた弟子たちにもたとえ話を語られました。ある金持ちの主人に一人の管理人がいて、その管理人が、主人から借入している人たちの負担を軽減させ、恩を売った。そのことを知った主人は、尚更、管理人を責めるのではなく、賢く行動したと褒めた、というのがこのたとえ話です。そしてこの話を踏まえてイエス様は、「不正の富で、自分の友をつくりなさい」と言われました。またその友が私たちを永遠の住まいに迎えてくれるというのです。イエス様は、ここで、パリサイ人にとって「不正の富」を得ていると見ていた取税人の立場を守り、しかし本質的に重要なことは、キリストと友となり、永遠の住まいに迎え入れられることだと教えられました。一見「富」を重要視しているようですが、しかしイエス様は今日の箇所の最後で「神と富とに仕えることはできません」とはっきりと私たち(キリストの弟子)の心の中心に何をそえるべきかを教えられました。

関連記事

  1. 「ほんの小さな種だけど」ルカ13章18~30節

  2. 「主の死を告げ知らせ」Ⅰコリント11章23~26節

  3. 「神の国の逆転の真理」ルカの福音書6章12~26節

  4. 「一人の罪人の悔い改め」ルカ15章1~10節

  5. 「祈ることの祝福」ルカ11章1~13節

  6. 「ただ、おことばを下さい」 ルカ7章1~10節