「祭りの備え」ルカ22章1~13節

10月18日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/oFPO8e4LtXM

 過越の祭りの日が近づき、イエス様と弟子たちは、過越の祭り(食事)の備えをしようとします。しかしその裏では、祭司長、律法学者たちが、イエス様を殺すための良い方法を探していて、弟子の一人ユダと繋がり、ユダは、その身を彼らに引き渡す約束を交わしていました。そして過越の祭りの日を迎え、イエス様と弟子たちは、その席を設けようとするのですが、イエス様はペテロとヨハネを遣わして、「都で水がめを運んでいる人(男性)について行き、その家の主人に過越の食事をする客間はどこかと問いなさい」と不思議な方法で食事の場所を教えられました。そして弟子が行くとその通りのことが起き、彼らは過越の用意をすることができました。このように、イエス様への敵意はすぐそこまで来ていましたが、過越の食事をイエス様ご自身が整え、弟子たちは、ここでも神のみわざを覚えつつ、過越の備えをすることができました。私たちも過越の祭りの恵みにあずかることが出来ます。そのためにイエス様は、ご自身のからだをいけにえとしてくださり、この過越の食事を私たちのために備えてくださいました。この恵みに心から感謝しましょう。

関連記事

  1. 「ヤコブの12人の息子たち」創世記44章27~34節

  2. 「主は私の伴走者」ピリピ3章12~14節 吉澤 盛男兄

  3. 「葬りという慰め」創世記23章17~20節

  4. 「私たちの信仰の置き所」ルカ8章19~25節

  5. 「ほんの小さな種だけど」ルカ13章18~30節

  6. 「神の国はあなたがたのところに」 ルカ11章14~28節