「キリストの血による新しい契約」ルカ22章20~23節

11月1日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/4unvIdc8x80

 イエス様は過越の食事を取られた後、杯をとり「この杯は、あな たがたのために流される、わたしの血による、新しい契約です」と言われました。イエス様は、 旧約時代の契約を結び直されたのではなく、「新しい契約」を、この食卓に着く者たちに示されました。これはエレミヤが預言していた新約時代の幕開けを告げ 知らせるものでもありました。さらに旧約時代、神の民となる契約は、いけにえの血によって罪きよめられることによって 結ばれていましたが、この新しい契約においては、イエス様が十字架で流される血 潮によって、私たちの罪はきよめられ、神様と契約を結ぶことが示されています 。さらにこの契約が「新しい」のは、イエス様 が、私たちと神様との契約の仲介者(ヘブル9:15)となってくださり、この契約から離れないように、とりなしてくださることにあります。私たちは、イエス様の十字架で裂かれた御体とそこで流された血潮によって罪赦され、契約を結び 、そして神の国の主の食卓に着くことができることを心から感謝したいと思います。そして、この 素晴らしい契約の中にあることを覚え 、パンと杯による聖餐の恵みに喜びを持ってあずかっていきたいと思います。

関連記事

  1. 「神は生きている者の神」ルカ20章27~40節

  2. 「顔を神の国に向けて」ルカ9章49~62節 

  3. 「主は私の伴走者」ピリピ3章12~14節 吉澤 盛男兄

  4. 「キリストは思いがけない時に帰ってくる」ルカ12章35~48…

  5. 「神と富とに仕えることはできない」ルカ16章1~13節

  6. 「給仕する者のように」ルカ22章24~30節