「すべての人の心をご存じの主」使徒の働き1章12~26節

5月16日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/aZcHiy_IQyU

 イエス様が昇天された後、弟子たちはエルサレムに帰り、女性の弟子たち、イエス様の母マリアらと心を一つにして祈っていました。するとそこに120人ほどの人たちが集まってきて、キリストの弟子たちという共同体が生まれてきました。しかし、12人の弟子のうちユダが抜け、11人となっていたため、そのことが大きな問題となっていました。そこでペテロをはじめ弟子たちは、聖書より神様のみこころを求め、ユダの務めを代わりに担う弟子が必要であるということ、そして代わりに担う者は、イエス様の公生涯を共にした者でなければならないと決めます。候補者2人を立て、最終的にくじ引きで決めることとし、祈りつつ神様のみこころに委ね、その結果マッティアが新たな弟子として選ばれました。私たちも様々な問題に立ち向かうとき、まずみことばに聴き、神様のみこころを求めつつ、祈っていきたいと思います。私たちの心もご存じの主は、必ず私たちの祈りに応えてくださる主です。

関連記事

  1. 「待ち望むことに意味がある」哀歌3章25~33節

  2. 「天にも地にも大きな喜びが」ルカ2章8~13節

  3. 「罪人を救うために来られるキリスト」Ⅰテモテ1章15節

  4. 「キリストを見る」使徒の働き7章51~60節

  5. 「教会の祈りの力」使徒の働き12章1~17節

  6. 「この町にも大きな喜びが」使徒の働き8章1~8節