「約束を喜び迎える信仰」ハバクク1章1~11節
吉澤 盛男兄

4月3日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/rj16k31_XYE

 ハバクク書は、信仰の原点になる書物です。なぜなら、ずばり「信じること」、神の約束を信じきって、その約束にあって喜んでいることを取り扱っているからです。ハバククは神に向かってなぜ世の中に不正義があるのか。なぜ異邦人の敵が神の民を攻めるのかと訴え神に回答を求めます。この書の中心テーマは「正義である神がなぜ悪人を用いて神の民を懲らしめるのか」そして神の沈黙への疑問です。神はこの問いに直接応答されませんが、たとえ遅くなっても待つように(ハバクク2章3節)と言われます。今、起こっていることが正反対に見えることがありますが、今だけを見ると悪いことばかりが起こっているように見えて、神がおられるのか、あるいは、おられても何も行動に移しておられないのではないかと感じる時があります。けれども、そこで必要なのは信仰です。私達の思いと異なる思いを持っておられる神を信じること、また、自分の思いよりもはるかに大きなことを考えておられることを信じることです。正しい人はその信仰によって生きる(ハバクク2章4節)。

関連記事

  1. 「いつも喜べる理由がある」Ⅰテサロニケ5章16~18節

  2. 「そのとおりかどうか聖書を調べる」使徒の働き17章10~15…

  3. 「聖霊に満たされて」使徒の働き2章1~13節

  4. 「生きる手立てのすべてを投げうってでも」ルカ21章1~4節

  5. 「主が御顔を照らし恵まれる」民数記6章25節

  6. 「今日、わたしとともにパラダイスに」ルカ23章35~43節 …