「罪の赦しがイエスを通してこの方によって」使徒の働き13章26~41節

6月12日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/BAIz3MTbtA0

 今日の箇所で、パウロが語っている福音のメッセージの3つのポイント。その一つ目は、旧約聖書で語られていた神の救いのことばは、イエス・キリストによって実現した、成就したということです。 具体的にはイエスの救いのみわざを通して実現したということであり、それはつまり、罪が何も見出せなかった方が、私たちの罪を赦すために十字架にかかられたこと。しかし聖書で約束されていたように、イエスはよみがえられたということ。二つ目のポイントは、イエスを信じる者は皆、罪が赦され、義と認められるということです。信じることだけで罪が赦され、神と和解することができる。そしてもう律法を守り行うことで、神との正しい関係を維持するのではなく、信じることだけで義と認めてくださり、神との正しい関係に加えてくださるのだと語っています。そして三つ目は、この神の救いのことばを侮るなら、救いは実現しない、さばかれるという警告が語られています。今に生きる私たちに、この神の救いのことば、イエスを通して、この方によって届けられました。私たちはこの救いのことばであるイエスをただ信じることだけで、私たちも救われるのです。

関連記事

  1. 「神の臨在と生きたみことば」使徒の働き7章17~50節

  2. 「キリストの弟子になるには」ルカ14章25~35節 

  3. 「すったもんだと別れがありまして」使徒の働き15章33~41…

  4. 「イエス様をただ信じる幸い①」ルカ8章40~48節

  5. 「苦難の時の祝福」創世記41章50~52節 拝高真紀夫師

  6. 「子なる神、イエス・キリスト」マタイ1章18~21節