「そのとおりかどうか聖書を調べる」使徒の働き17章10~15節

10月2日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/BmDblnxwDIA

 パウロたちが、テサロニケから逃れるようにしてやってきたべレア。この町のユダヤ人は、非常に熱心にパウロの語る言葉に聴き、みことばを受け入れました。しかし彼らはパウロの語る言葉を鵜呑みにしたのではなく、はたしてそのとおりかどうか、毎日聖書を調べたのです。神様は聖書を通じて、私たちが知るべきすべての真実を教え、信じることを願っておられます。しかし「信じる」というのは、決して、疑問も抱かず、盲目的に信じることではありません。何を信じているかを確かめるために、疑問を持って、聖書を調べることを良しとしてくださっています。聖書を調べるというのは、ただ学ぶことを意味しているのではなく、神様がどれほど私たちを愛しておられ、恵みを与え、慈しんでおられるか、神様の素晴らしさを知っていく心燃やされる経験です。それはちょうどエマオの途上で、道々にイエス様が聖書を説き明かし、聞いていた弟子たちの心の内が燃やされた経験のようなものです。今も神様は、私たち一人ひとりに、聖書と聖霊を与え、みことばを持って語りかけてくださっているのです。

関連記事

  1. 「心は内で燃えている」ルカ24章13~32節

  2. 「キリストによって目が開かれるとき」ルカ18章31~43節

  3. 「キリストの家は祈りの家」ルカ19章41~48節

  4. 「祈りと聖霊による大胆さ」使徒の働き4章23~31節

  5. 「辱めをものともせず」 ヘブル12章2節

  6. 「生ける神のことばに耳を傾けて」使徒の働き14章8~18節