「聖書の約束通り来られたキリスト」使徒の働き18章24~28節

12月18日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/L_QCHBKo2DM

 霊に燃え、キリストを大胆に語るアポロは、バプテスマのヨハネしか知りませんでしたが、そのことを知ったプリスキラとアキラは、キリストによってもたらされた父、子、聖霊の御名によるバプテスマを教えてあげました。私たちもプリスキラとアキラのように、主の道を正確に理解できるよう学び、またアポロのように、謙遜に教えられる者となりたいと思います。このようなことがあった後もアポロは精力的に宣教し、キリスト者たちを大いに励まし、助けました。彼は「聖書によってイエスがキリストであることを証明」することによって励ましていったのです。アポロは有能な伝道者として、一目置かれる存在となりますが、しかしあくまで彼は、自分の話ではなく、「聖書によって」語っていったのです。今アドベントを過ごしていますが、救い主の誕生は、単なる人の作り話やクリスマスの伝説ではなく、神が「聖書によって」約束された救い主、イエス・キリストがお生まれになったという事実です。だからこそ私たちにとって、これから迎えるクリスマスが「大きな喜び」(ルカ2:10)となるのです。

関連記事

  1. 「行き着くところは、永遠の命です」吉川 明雄師

  2. 「神の国はあなたがたのところに」 ルカ11章14~28節

  3. 「神のことばは決して消え去らない」ルカ21章25~38節

  4. 「神の恵みにとどまる」使徒の働き13章42~52節

  5. 「わたしの霊をあなたの御手にゆだねます」ルカ23章44~49…

  6. 「神は生きている者の神」ルカ20章27~40節