「主の恵みある交わりと宣教」 使徒の働き28章11~16節

11月12日の礼拝のメッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://www.youtube.com/live/RODabs2mjwM?si=5pA3j4t-Jd8po89f

パウロたちはいよいよローマに上陸します。それを聞きつけた主にある兄弟たちが、遠路はるばるパウロたちを出迎えにきました。この時のことをルカは「パウロは彼らに会って、神に感謝し、勇気づけられた」と記しています。パウロにとって、ローマにいる主にある兄弟との出会いは大きな喜びとなりました。そして主は、この素晴らしい出会い、交わりを通して、パウロとローマ教会のキリスト者たちを励まし、慰め、勇気づけてくださったのです。この主にある交わりは、私たちにも与えられています。そして私たちに与えられているキリストを中心とする交わりはオーダーメードです。どれ一つとして同じ交わりはありません。一人一人にふさわしく主が私たちに備えてくださった交わりです。主は、私たちを励まし、慰め、勇気づけるために、主にある交わりを備えてくださっているのです。そしてその交わりは宣教の拠点ともなります。主は招き、救い、主にある交わりに加えてくださるのです。

関連記事

  1. 「イエス・キリストを礼拝します」マタイ2章9~12節

  2. 「神のことばは決して消え去らない」ルカ21章25~38節

  3.  「闇から光へ」使徒の働き 26章12~18節 

  4. 「放蕩息子 後編」ルカ15章25~32節

  5. 「イエスと共に」 Ⅰテサロニケ4章13, 14節

  6. 「世は過ぎ去る、しかし」ヨハネの手紙第一 2章17節   井…