「志を立てさせ、事を行わせてくださる主」ピリピ2章12~14節

3月17日の礼拝メッセージは以下よりご覧いただけます。

https://youtube.com/live/OsOMyRXhxCc

ここで言われている「自分の救いを達成するよう努めなさい」と言われている「救い」とは、完全に救われた状態、私たちが行き着くゴールのことを言っています。私たちがキリストを信じるというのは、神様が私たちに差し出された手に私たちの手も合わせ、共に歩み出すことです。そして神様は私たちの手をしっかり握りしめ、救いの達成というゴールに向かって共に歩んでくださるお方です。しかしだからと言って神様は私たちを連れ回したり、引きずったりせず、いつも私たちの応答を求められます。私たちに志を立てさせてくださった上で事を行われるのです。この応答において大切な姿勢が、神の前に従順であることです。一方神様が悲しまれる応答こそ、いつも不平を言い、いつも疑ってばかりいる事です。不平を言わず、疑わないというのは不可能かもしれませんが、でもそればっかりでは、神様は喜ばれません。神様は私たちと共に歩み、本当の自由を得させ、神の恵みのうちに私たちが行きべきゴールに向かって歩ませてくださるのです。

関連記事

  1. 「キリストはよみがえりであり、いのちです」ヨハネ11章25節…

  2. 「キリストの血による平和」エペソ2章11~18節成実朝子姉

  3. 「生きることはキリスト、死ぬことは益」ピリピ1章19~26節…

  4. 「失望を超える祈り」ルカ18章1~8節

  5. 「新しく生まれなければ」ヨハネ3章1~16節  

  6. 「キリスト者と呼ばれて」使徒の働き11章19~30節