「闇から光へ」使徒の働き9章1~19a 節

2月6日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/Urxs4Wg9YMU

 イエス様は、ダマスコ途上でサウロに出会われました。天からの光で目が見えなくなったサウロは、人の手に引かれてダマスコに入って行きました。イエス様は、その町にいたアナニアというキリスト者を用い、サウロの目を開かせました。サウロはすぐに、イエス様を私の主と信じ、悔い改めて、バプテスマを受けました。このようにサウロは、ただ主の恵みによって救われ、イエス様に捕らえられました。また闇の中で、救いの光に照らされ、神様との関係を回復しました。それだけでなく、サウロはアナニアという信仰の友を得て、キリスト者の交わりに加えられました。私たちも、私たちがイエス様を主と選び、捕らえたのではなく、ただ恵みによって、イエス様に捕らえられたという救いの恵みを覚えておきたいと思います。また闇と思えるようなところにあっても、主は、その絶望と思える暗闇の中で出会われ、私たちにも救いの光を輝かせてくださいます。さらには神様がアナニアという信仰の友を与えられたように、私たちにも必ず助け手となる信仰の友、兄弟が備えられています。信仰を育む交わりが与えられていることに感謝し、共に神様をほめたたえていきましょう。

関連記事

  1. 「もう一人の助け主がいつまでも共に」ヨハネ14章15~18節…

  2. 「信仰がなくならないように祈られる主」ルカ22章31~34節…

  3. 「ただ信じていなさい」マルコ5章21~43節 松田 悦子師

  4. 「みことばの礎の上に」 ルカ6章46~49節 池淵 亮介主事…

  5. 「振り返って知る神の恵み」使徒の働き16章35~40節

  6. 「キリストを見る」使徒の働き7章51~60節