「あなたのためのクリスマス」ルカ2章10,11節

12月25日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/W2zwtiDxvd0

 今日の箇所は、御使いが、救い主の誕生の大きな喜びを羊飼いたちに伝えるという場面です。ここで御使いは、この羊飼いたちに、救い主の誕生が「あなたがたのため」であると語っています。なぜ、「あなたがたのために」とわざわざ言われているかというと、救い主の誕生は誰でもない、「あなたがたのため」であることを、羊飼いたちが受け取る必要があったからです。ですから、救い主なるイエス様がお生まれになったことが、「私のため」であることを受け取ることから、クリスマスは始まります。この「救い主」の「救い」とは、私たちではどうしようもない問題を解決し、その苦しみから解放してくださるということです。私たちの力では到底解決できない最大の問題こそ、罪と死という問題です。まさに神様は、私たちをこの罪と死から救うために、イエス様をお与えくださいました。イエス様は、私たちの救い主として、十字架と復活という救いのみわざを成し遂げられ、私たちの罪を赦し、永遠のいのちを与えられたのです。この救いを感謝して受け取る時、私たちにも大きな喜びがもたらされます。私たちのためにお生まれになった救い主イエス様の誕生を心からお祝いしましょう。

関連記事

  1. 「主は私の伴走者」ピリピ3章12~14節 吉澤 盛男兄

  2. 「金銭を愛する者は、神を愛せない」ルカ16章14~31節

  3. 「励ましと喜びの手紙」使徒の働き15章22~35節

  4. 「神に栄光を帰す」使徒の働き12章18~25節

  5. 「主が御顔を照らし恵まれる」民数記6章25節

  6. 「祭りの備え」ルカ22章1~13節