「キリストはよみがえりであり、いのちです」ヨハネ11章25節

 私たちのためによみがえられた復活の主を心からほめたたえます。さて、私たちはしばしば分からない、未知のものに対して「恐れ」を持ちます。それは未知のもの自体に恐れるというよりも、分かっていない「状態」に私たちはしばしば「恐れ」「不安」を抱いてしまうのではないでしょうか。イエス様は今日の箇所で、弟ラザロを亡くし「死」という現実が持つ恐れの状態にあるマルタに対して語られました。イエス様はここで「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。」と言われました。これはまさに、「死」という得体の知れない「恐れ」から解放する言葉であり、彼女の視点を「死」から、よみがえりでありいのちであるイエス・キリストに向けさせました。そして復活の主を信じ、信頼することを求められたのです。イエス様は語られるだけでなく、実際に、死よりよみがえり、復活されました。それによってこの言葉は私たちにも生き付く神の言葉となったのです。復活の主をあがめましょう。主は今も生きておられます。

関連記事

  1. 「神は生きている者の神」ルカ20章27~40節

  2. 「神は愛です」Ⅰヨハネ4章16節 

  3. 「苦難のときにこそ」使徒の働き14章 嘉数 修兄

  4. 「神の国はあなた方の中に」ルカ17章20~37節

  5. 「それで十分」ルカ22章35~38節

  6. 「当事者としての悔い改め」ルカ13章1~9節