「神のことばの成就者イエス・キリスト」ルカ24章33~44節

4月18日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/AnhPPSgYpJE

 エマオの途上で復活のイエス様と出会った弟子の二人は、急いでエルサレムに戻り、11人の弟子たちに事の次第を話しました。弟子たちがイエス様の復活について話していると、イエス様ご自身が彼らの真ん中に立たれました。弟子たちは、おびえて震え上がりました。そんな彼らに対してイエス様は、ご自身のからだを触れさせ、そして焼いた魚を召し上がりました。復活されたということが信じられず、不思議がっている弟子たちに寄り添われつつ、イエス様は、「わたしについて、モーセの律法と預言者たちの書と詩篇に書いてあることは、すべて成就しなければなりません」と聖書のことばは、すべて成就することをその身をもってお示しくださいました。イエス様は十字架と復活によって、救いのみわざを成し遂げてくださり、神のことばの成就者となってくださいました。聖書は、イエス様が再びこの地に来られることを語っています。私たちも再びイエス様がこの地に来られ、お会いできる日を待ち望みつつ、私たちに与えられている神のことば、聖書のみことばに信頼して歩んでいきましょう。

関連記事

  1. 「神様と心合わせて」ヨナ書4章5~11節

  2. 「生きる手立てのすべてを投げうってでも」ルカ21章1~4節

  3. 「聖霊を欺く罪」使徒の働き5章1~11節 

  4. 「神の臨在と生きたみことば」使徒の働き7章17~50節

  5. 「私たちを用いてくださる神様」エステル記4章13~14節 

  6. 「賛美の中のエルサレム入城」ルカ19章29~40節