「神の賜物である聖霊」使徒の働き2章33~39節

6月20日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/WH1up02uw1Q

 ペテロは、イエスこそキリスト(メシア)であり、復活の主であることを述べた後、聖霊が与えられたことと、イエス・キリストとの関係性について語っていきます。まずペテロは、イエスは復活され、今、神の右の座に着いているが、そこから聖霊を、私たちに注いでくださったということを語りました。それは逆を言えば、聖霊が与えられたというのは、イエスが主として、神の右の座に着かれたことの証拠でもあると、聖書を引用しつつ、併せて語りました。そしてペテロは、このイエスをあなた方は十字架につけた、と迫ります。それを聞いた人々は、心刺され、「私たちはどうしたらよいでしょうか」と応えます。それに対してペテロは、「悔い改めて、イエスの名によってバプテスマを受けなさい」と勧め、罪悔い改め、イエスを主として信じるなら、誰にでも賜物として聖霊が与えられることを伝えました。イエス様は私たちの罪を赦すために、十字架にかかられました。一人ひとりが、このことを当事者として受け入れ、悔い改めて神に立ち返る時、神の賜物である聖霊が私たちにも与えられるのです。それは、私たちの罪がぬぐい去られる確かな約束でもあるのです。

関連記事

  1. 「喜んで御国を与えてくださる主」ルカ12章13~34節

  2. 「神のことばは決して消え去らない」ルカ21章25~38節

  3. 「十字架によって平和をもたらす」 コロサイ1章19~20節

  4. 「救いは主にある」詩篇3篇

  5. 「金銭を愛する者は、神を愛せない」ルカ16章14~31節

  6. 「祈ることの祝福」ルカ11章1~13節