「約束の聖霊を受けて歩む幸い」使徒の働き19章1~7節

1月8日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます

https://youtu.be/aXyZf0eIxa0

今日の箇所から3つのことを学びたいと思います。一つは、キリストを信じる者に、聖書の約束通り、聖霊は与えられるということです。神様は、旧約聖書の時から、すべての人に聖霊が与えられることを約束していました。そして、この異邦人の地エペソでも、キリストを信じる者たち一同に、聖霊が与えられました。これは約束の成就です。私たちも、聖霊が与えられている確証は、自分自身や目に見えることではなく、「神様の約束」によって持ちたいと思います。第二は、聖霊を受けるための条件についてです。それはただ一つ、イエス・キリストを信じることのみです。私たちのいかなる行いも必要ありません。第三は、聖霊が与えられるということの恵みについてです。三位一体なる神の一人格である聖霊が与えられるということは、とんでもないことです。聖霊は私たちを新しく生まれさせ、造り変え、賜物を与え、神の恵みのうちに歩むよう助け導いてくださいます。そしていつも神の愛を私たちの心に注いでくださり、御国への保証を与えてくださいます。私たちに与えられているのは、このような素晴らしい「約束の聖霊」です。

関連記事

  1. 「賛美しつつ主の大庭に入れ」詩篇96篇

  2. 「神の右の座に着かれるべきお方」ルカ22章63~71節

  3. 「老人は夢を見、青年は幻を見る」ヨエル2章28節

  4. 「主イエスの福音という新しい教え」使徒の働き17章16~21…

  5. 「すべての人に聖霊が注がれる」使徒の働き2章14~21節

  6. 「キリストの名のゆえに」ルカ9章37~48節