「いつも主にあって喜びなさい」ピリピ4章4~5節

6月23日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtube.com/live/SMJARi_mbNY

 パウロはこれまで何度も語ってきたことですが、ここでも「喜びなさい」「いつも主にあって喜んでいなさい」と語ります。私たちは欲しい物を手に入れたり、嬉しい出来事があると喜ぶと思います。でも大抵それらは一時のもので、いつも喜びとなるとは限りません。いつも喜べる秘訣は「主にあって」です。どんな状況にあろうと、どんな困難な中にあっても、主が共におられるので、私たちはいつも喜ぶことができるのです。そして主にあって喜ぶことは、人への寛容な心、優しさを生み出します。そのように主にあって喜ぶことは、人の心を潤すことになり、キリストが証されることにもつながるのです。神が私たちに願っていることは、私たちがいつも主にあって喜ぶことです(Ⅰテサロニケ 5:16-18)。ですから「主が近い」日を迎えている私たちは、なお一層のこと、主に近づき、主と共にあって喜び合い、喜びの源であるキリストを証していきたいと思うのです。

関連記事

  1. 「主に立ち返り、主を信じるために」使徒の働き9章32~43節…

  2. 「一生を良いもので満ちたらせてくださる主」詩篇103篇1~5…

  3. 「沈黙から神への賛美に」使徒の働き11章1~18節

  4. 「苦難の中で見出す、真の幸いと祝福」Ⅱコリント4章6~11節…

  5. 「罪深さを知る時、愛深さを知る」マタイ18章21~35節 山…

  6. 「喜んで御国を与えてくださる主」ルカ12章13~34節