「日々自分の十字架を負い」 ルカ9章18~27節

 イエス様は、5千人の給食の奇跡をなされたあと、弟子たちに対して、イエス様を誰であると思っているのかと問われました。それに対して、弟子の一人ペテロが「神のキリストです」と、初めて弟子の口から、イエス様が神その方であることが告白されました。ここからが、本当の意味での弟子としてのスタートです。イエス様はその告白を聞き、これから捨てられ、殺されること、そして3日目によみがえられることを教えられました。今後イエス様が辿られる道を教えられた上で、弟子たち皆に「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。」と決意を求められました。弟子たちは弱さと不信仰を抱えながらも、与えられた使命に応えていきます。神様から与えられた使命は、一人一人違います。だから私たちも、自分ファーストではなく、「日々自分の十字架を負い」、この地で神様のみこころがなるようにと、キリストに付き従っていきたいと思うのです。

関連記事

  1. 「苦難のときにこそ」使徒の働き14章 嘉数 修兄

  2. 「笛を吹けど踊らず」ルカ7章31~35節(18~35節)

  3. 「主の死を告げ知らせ」Ⅰコリント11章23~26節

  4. 「主が御顔を向け平安を与えられる」民数記6章26、27節

  5. 「放蕩息子 前編」ルカ15章11~24節

  6. 「和解の決断」ルカ12章49~59節