「神の国の逆転の真理」ルカ6章12~26節

 イエス様は、病いの中にあった者、汚れた霊に悩まされた人を癒し、彼らに向かって説教されました。その内容とは、「貧しい人たちは幸い」であり、「神の国」はそのような者たちのものであるということでした。それはこの世の常識、メッセージとは真逆であり、聴衆が置かれている現実を通して示された神の国の真理でした。この真理に立つというのは、決意が求められ、苦しみを覚えることもありますが、「天において報いは大きい」とここでも神の国の真理が明らかとされます。私たちが当然と思っていることが覆る時、驚きを覚えます。しかし、イエス様が語られた理由は、ただ単にこの世の常識を覆すことではなく、私たちを慰めるためであり、神の国の真理、神様の価値観に触れさせることでした。私たちもこの世の価値に惑わされることなく、真理のことばに堅く立って、神の国の民として歩んでいきたいと思います。その歩みには「踊り上がって喜」ぶほどの「報い」が用意されています。

関連記事

  1. 「この道に生きる」使徒の働き19章21~40節

  2. 「尽きない主のあわれみ」哀歌3章19~33節 今村裕三師

  3. 「キリストの家は祈りの家」ルカ19章41~48節

  4. 「悲しみを見つめて」ルカ7章11~17節

  5. 「生きることはキリスト、死ぬことは益」ピリピ1章19~26節…

  6. 「ペテロの否認」ルカ22章54~62節