「聖霊に満たされて」使徒の働き2章1~13節

5月23日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtu.be/tGwXROyofRc

 エルサレムに集まっていた弟子たちは、祈りつつ、聖霊が臨まれる時を待ち望んでいました。そしてイエス様が昇天された約1週間後、五旬節(七週の祭り)に皆が同じ場所に集まっていたところ、大きな響きと共に炎のような舌が現れ、一人ひとりの上に、聖霊が臨まれました。聖霊に満たされた弟子たちは、御霊が語らせるままに他国の言葉で話し始め、聞いていた人々は呆気にとられました。弟子たちは聖霊に満たされ「神の大きなみわざ」について語り、聴いていた人々は、自分たちの母国語で神のみわざについて聴くことができました。しかしある人は、酒に酔っているだけとあざけり、今、何が起こっているのかを知ろうとしませんでした。私たちにとっても不思議な出来事ですが、ここで大切なことは、イエス様が約束されたように、聖霊は、一人ひとりに臨まれたということです。私たちもペンテコステの日を迎え、改めて、イエス様を救い主として信じる者に与えられる聖霊が、私たちの上にも臨まれているという確かさを覚え、聖霊が与えられたことを喜び、聖霊のお働きに期待したいと思います。 

関連記事

  1. 「笛を吹けど踊らず」ルカ7章31~35節(18~35節)

  2. 「老人は夢を見、青年は幻を見る」ヨエル2章28節

  3. 「生ける神のことばに耳を傾けて」使徒の働き14章8~18節

  4. 「嘆きは踊りに」詩篇30篇

  5. 「主は私の羊飼い」詩篇23篇

  6. 「イエス様をただ信じる幸い①」ルカ8章40~48節