「子が父に仕えるように-忠実な奉仕者エパフロディト-」ピリピ2章25~30節

4月21日の礼拝メッセージ録画は以下よりご覧いただけます。

https://youtube.com/live/0dyFn-7ijus

ピリピ教会から使者として遣わされたエパフロディトは、重篤な病気にかかってしまい、当初計画していた活動をすることができず、責任を感じていました。しかしパウロは、彼のことを、「私の兄弟、同労者、戦友」と呼び、私の必要に仕えたと彼の存在を喜びました。そしてピリピ教会に対しては、主にあって大きな喜びを持って、尊敬を持って彼を迎え入れてほしいと書き送りました。私たちも計画していたことが頓挫したり、思った通りに事が運ばなかったりしたらガッカリすると思います。喜ぶなんてもってのほかでしょう。でも聖書は、そんな時も喜ぶことができると語ります。なぜなら、どんな時も主イエス様は私たちと共にいてくださり、あわれんでくださるからです。そして主は、今まで気づかなかった恵みに気づかせてくださり、主が備えられたご計画のうちに、私たちを導いてくださいます。私たちが主のご計画のうちに歩む時、私たちのうちには単なる喜びではなく、主にある大きな喜び、平安が与えられます。主が、あなたのために立てている計画は、決してわざわいではなく、主にある平安を与える計画なのです(エレミヤ 29:11)。

関連記事

  1. 「新しい年を、主とともに」ヨシュア記1章9節  

  2. 「神の栄光を携え来られる救い主」 ヨハネ11章1~6, 39…

  3. 「キリストのことばを行う信仰」ルカ6章39~49節

  4. 「主がわたしの手を」出エジプト記3:11, 12、ヘブル3:…

  5. 「励まし、慰められるために」 使徒の働き20章1~6節

  6. 「舟の右側に網を」ヨハネ21章1~14節 北野 献慈師